ジスロマックで性病に勝つ

ジスロマックで性病に勝つ

まさか自分がクラミジアになるなんて…私は伝えたい。本当に性行為には気を付けた方がいい。相手だって気づいていないかもしれないのです。これ以上広がる前にジスロマックで止めましょう。

ジスロマックの効果と副作用について

ジスロマックを買うなら通販で!
↑ジスロマックをお求めの方はこちらから

ジスロマックはアジスロマイシンを有効成分とする抗生物質です。ジスロマックはニューマクロライドと呼ばれる新しいタイプのマクロライド系の抗生物質として知られているものであり、グラム陽性菌、グラム陰性菌、嫌気性菌、非定型菌などの幅広い感染症に対して高い治療効果を発揮します。その効果の特徴となっているのが持続性であり、基本的には1日1回、3日間の服用によって2週間程度の間、抗生物質としての作用を発揮し続けることができます。適応症も多く、様々な感染に伴う炎症の治療に用いることができるようになっているのが特徴です。持続性で患者が飲み忘れをする心配も少ないというメリットがあり、世紀クラミジアによる尿道炎や子宮頸管炎では1回の服用で治療できることが多いことから使用頻度も高くなってきています。そういった際に副作用が問題になる薬が多いものの、ジスロマックは比較的副作用が少なくて使用しやすいというメリットがあります。胃腸症状として吐き気や胃痛、下痢が比較的よく起こる副作用として知られているものであり、症状がひどい場合には医師に相談するように推奨されています。また、粘膜ガン症候群、血液障害、肝障害、不整脈、腎不全、大腸炎、横紋筋融解症といった重篤な副作用もまれに起こることが知られているのも事実であり、一度投与すると持続的に効果が発揮されてしまうことから注意をしておくことが大切になります。何らかの症状を実感してしまったときにはできるだけ早く医師を再受診するようにすることが安全に使用していくためには欠かせません。持続時間が長いことはメリットでもありデメリットでもあることは留意が必要な点となっているのです。

ジスロマックはクラミジア以外にも効く?

ジスロマックはクラミジアの治療をする際に処方されることが多い医薬品ですが、この薬の有効成分であるアジスロマイシンはクラミジア以外の様々な細菌に対しても殺菌作用があり、細菌の活動が原因で起こる諸症状を改善させる効果を発揮します。例えば、喉に痛みや違和感を感じたときに病院で診察を受けると扁桃炎と診断されることがありますが、このときによく処方されている薬の一つがジスロマックです。扁桃炎は溶連菌や肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などが扁桃で活動が活発化することによって起きるものであるため、これらを殺菌する効果があるジスロマックを抗生剤として処方するケースが多々あります。ジスロマックはクラミジアと扁桃炎以外にも、肺炎、咽頭炎、喉頭炎、リンパ管炎、急性気管支炎、副鼻腔炎、歯周組織炎などに対しても、細菌の増殖を抑える効果があり、他の薬と併用することでより効果的に症状を緩和させることができます。ジスロマックは風邪の患者に対して処方する病院が多いですが、患者の中にはジスロマックがあまり効かずに後日別の薬を処方してもらう人も少なくありません。このような場合は、細菌の活動が原因ではなく、ウイルスの感染が原因で風邪の症状が生じた可能性があります。ジスロマックは細菌が原因の風邪であれば効く可能性は非常に高いですが、ウイルスが原因の風邪に対しては適応しないため、感染したウイルスに適合する抗ウイルス薬を飲まなければ症状の改善はすすみません。ジスロマックが効かないまま放置していると、だんだん疾患が悪化するおそれがあるので、薬を飲みきっても症状の改善が見られない場合は早めに処方された病院に行って医師に相談するようにしましょう。

ジスロマック以外の薬はあるのか

ジスロマックとは性病のひとつであるクラミジア感染を治療する際に用いられている薬のひとつであり、もっともクラミジア治療に効果があるとして処方されることが多い薬として知られています。メリットとしては1回服用するだけで7日分効果が持続するという気軽な服用方法であり、その期間でおよそ90パーセントのクラミジア感染が治療できるとされています。このようなメリットからジスロマックが第一治療薬として選択されるのですが、最近ではジスロマックが効かなくなっているクラミジアも存在しており、ジスロマックも特効薬としての役目が弱くなってきている傾向があります。それでも効果があるとして利用されているのですが、ジスロマック以外にも治療薬を併用するという医療機関も増えてきており、選択できる薬が増えてきています。ですがそもそもジスロマック以外にクラミジア感染に効果のある薬があるのかというところですが、現在日本ではジスロマックを除くと2種類の薬が治療薬として利用することができます。ひとつは「ビブラマイシン」であり、クラミジア以外にもニキビや尿道炎、淋病の治療にも用いられています。同じ性病のひとつである淋病にも利用されているということで複数の性病に治療効果があるというメリットがありますし、用途が幅広いのでほかの一般的な病気も一緒に治療できるというところがメリットです。もうひとつが「クラリシッド」であり、クラリスとも呼ばれることがあります。こちらはクラミジア感染の治療専用で処方される薬となっており、2週間から3週間服用することによって治療できるようになっています。ビブラマイシンもクラリシッドもジスロマックと比較すると治療に時間はかかりますが、いずれも確実な治療効果を持っているので安心して利用することが出来ます。